無料ブログはココログ

« 朝鮮王朝の身分制度 | トップページ | 映画黎明期の監督と作品 »

2016年1月 6日 (水)

キネマ旬報ベスト・テン

   2015年第89回「キネマ旬報ベスト・テン」は、明日正午発表される。昨年は、「そこのみにて光輝く」が1位作品に選出された。また個人賞では主演女優賞に安藤サクラ、主演男優賞に綾野剛、助演女優賞小林聡美、助演男優賞池松壮亮、新人女優賞門脇麦、新人男優賞東出昌夫、監督賞呉美保、脚本賞高田充。ちなみに1924年にスタートしたキネマ旬報ベストテンはチャップリンの「巴里の女性」とジェームズ・クルーズ「幌馬車」が記念すべき最初の1位作品。日本映画は第3回からで、阿部豊の「足にさはつた女」が第1位を獲得した。個人賞が創設されたのは戦後からで、最初に選出されたのは高峰秀子・森雅之・成瀬己喜男の「浮雲」(1955)のトリオであった。

« 朝鮮王朝の身分制度 | トップページ | 映画黎明期の監督と作品 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

橋口亮輔監督の「恋人たち」が1位に選出されました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝鮮王朝の身分制度 | トップページ | 映画黎明期の監督と作品 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30