無料ブログはココログ

« 玉の輿 | トップページ | 「ク」 事項索引インデックス »

2015年12月25日 (金)

バッタとイナゴの違い

   夏目漱石の「坊っちゃん」。初めての宿直で夜中、蒲団からバッタが50、60匹飛び出してくる。生徒たちの悪戯だ。寄宿生たちを問い詰めると、「そりゃ、イナゴぞな、もし」としらばくれる。坊っちゃんと生徒たちの間で珍妙なやりとりが続く。有名な「バッタ事件」だ。ブライト和英辞典で「いなご」を引くと、grasshopper とある。バッタと同じなのだろうか。気になってライトハウス和英辞典を引くと、locust という単語がでている。さらに、locust でウィズダム英和辞典を引くと、「イナゴ、バッタ(イナゴ大群で移動し、農作物を食い荒らす」とある。坊っちゃんだけでなく、日米でもバッタとイナゴの区別は難しいらしい。生物上の分類によると、バッタはバッタ目バッタ科の昆虫の総称で、イナゴはバッタ亜目イナゴ科に属するバッタの総称。

« 玉の輿 | トップページ | 「ク」 事項索引インデックス »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玉の輿 | トップページ | 「ク」 事項索引インデックス »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31