無料ブログはココログ

« ロダン「考える人」は何を考えているのか? | トップページ | 太子虚構説と教育の影響力 »

2015年12月 5日 (土)

桜餅の始まり

   1717年(享保2)サクラの名所として知られた江戸向島の長命寺の門番をしていた山本新六がいた。この人、桜の季節に掃除をしていたところ、たくさん落ちている葉っぱをもったいないと思い、桜の葉を塩漬けにして薄い皮で餡を包んだものに巻いて売ったところ、たんへんな売れ行きだった。これが桜餅のはじまりである。

« ロダン「考える人」は何を考えているのか? | トップページ | 太子虚構説と教育の影響力 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロダン「考える人」は何を考えているのか? | トップページ | 太子虚構説と教育の影響力 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31