無料ブログはココログ

« 人間魚雷回天 | トップページ | ギュスターヴ・エッフェル1832年、誕生日 »

2015年12月14日 (月)

北条早雲と馬泥棒

    一介の素浪人から、小田原城を奪取し、伊豆一国を掌中に収めた「戦国の梟雄」北条早雲。あるとき、領内で馬泥棒が捕らえられた。早雲も裁きの座に同席していた。奉行が罪を問うと、罪人は平然とこう答えた。「わたしは馬を盗んだにすぎませんが、あの御方は、国をお盗みになった」と早雲に目を向けた。そして、「あの御方の罪に比べれば、わたしの罪など軽いものでございます」といった。早雲は怒るかと思いきや、笑い出し、「まことに、そのとおりだ」と赦してやったという。

« 人間魚雷回天 | トップページ | ギュスターヴ・エッフェル1832年、誕生日 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間魚雷回天 | トップページ | ギュスターヴ・エッフェル1832年、誕生日 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31