無料ブログはココログ

« 沖縄シーサーの起源 | トップページ | 江戸・明治期の楠公伝説 »

2015年12月12日 (土)

東京日本橋の麒麟像

   日本橋は東京都中央区に流れる日本橋川に架かる橋。現在の橋は、幾度となく架け替えられ19代目の橋として1911代え年に開橋した。ちなみに呼称は東京は「二ホン橋」で、大阪は「ニッポン橋」である。江戸時代、全国に伸びる五街道の起点だったところで、橋のたもとに「日本国道路元標」(複製)がある。橋の四隅の親柱には東京市の紋章を掲げる獅子像が鎮座する。そして橋の中央に妻木頼黄(装飾様式)、渡辺長男(装飾制作)の麒麟のオブジェが飾られている。麒麟像は「ここから羽ばたく」という願いを込められたものであるが、東野圭吾の小説「麒麟の翼」(2011)で重要な意味をもつオブジェとして注目され、いまでは観光スポットの一つとなっている。

« 沖縄シーサーの起源 | トップページ | 江戸・明治期の楠公伝説 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄シーサーの起源 | トップページ | 江戸・明治期の楠公伝説 »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31