無料ブログはココログ

« 雨降って地固まる | トップページ | 文化の日 »

2015年11月 2日 (月)

フェアギスマインニヒト

  中世のドイツの騎士であったルドルフは、1人のかわいい少女を愛しておりました。その少女はベルタという名前でした。ある時、ルドルフとベルタはドナウ河にそって散歩をしていました。その時、ベルタはけわしい岸辺に一輪のかれんな、青い花を見つけました。彼女はその花をほしがりました。ルドルフは岸辺を下りてゆき、その花をつもうと、手を伸ばしました。しかし彼は足をすべらし、川にころげ落ちてしまいました。流れは非常に強かったために、彼は岸辺に泳ぎ帰ることができませんでした。彼はその花をベルタに向かって投げ、叫びました:「ぼくのことを忘れないで!」・・・流れは彼をのみ込んで行ってしまいました。

それ以来、人はその花を「フェアギスマインニヒト(忘れな草)」と呼ぶのです。(VergiBmeinnicht)

« 雨降って地固まる | トップページ | 文化の日 »

「昔話・民話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨降って地固まる | トップページ | 文化の日 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30