無料ブログはココログ

« なぜジャック・レモンは改名を進められたのか | トップページ | 憂国忌 »

2015年11月24日 (火)

進化の日

20040614000Img2fe62210zik2zj

    1858年7月1日、チャールズ・ダーウィン(1809-1882)は進化論を発表。そして1859年11月24日、ジョン・マレー社から「種の起源」が出版された。トマス・ハクスリー、エルンスト・ヘッケルから支持を受けるが、教会や保守層から激しい非難を浴びることになる。地球はいまから46区億年前に、宇宙を漂う雲から生まれた。そして35億年前から、海の中に生命が生まれた。4億年前には酸素で呼吸する生物が陸に上がっていった。だがキリスト教の聖書では、天も地も、空や海も神がつくったと伝えている。

   高校生のユジンは生物の時間になると胃が痛みます。ちょうど今、ゴリラ先生からダーウィンの進化論について教わったところです。「君たち、科学者になりたいなら宗教の足かせから精神を解き放たれなければなりません。地球の生命は全く偶然によって生まれたのです」ユジンは将来、医師になろうと思っています。でも両親から、地球と生命すべては神が造ったと教えられてきました。学校では聖書の記述は単なる神話にすぎないと教えられ、とまどっています。生命は創造されたのか、それとも進化したのか。もし神などいないなら、人類の将来は政治・科学・宗教のリーダー次第ということになります。世界史をみれば、人間社会は戦争の歴史であり、今後も飢餓や貧困はなくならないでしょう。そしてもし、進化が事実なら、人生の目的が金や地位や名声を得ることであり、そして誰もが死ぬ、というそれだけのことになります。もし、神を信じるなら、神について学んで神に従うことだけが人生の意義である、と確信できるでしょう。ユジンは自分自身でしっかりと判断しようと思います。(Charles Darwin)

« なぜジャック・レモンは改名を進められたのか | トップページ | 憂国忌 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜジャック・レモンは改名を進められたのか | トップページ | 憂国忌 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30