無料ブログはココログ

« 消えた観光ペナント | トップページ | 白秋忌「からたちの花」 »

2015年11月 1日 (日)

褄(つま)を取る

C宵に褄とる女にも

きっといつかは幸福が

来ると今日まで信じて生きた

     (金田たつえ「花街の母」)

    失われつつある着物文化。恥ずかしい話であるが、歌詞の「褄とる」の部分が自分にはよく理解できない。「褄(つま)」とは長着の裾の左右両端の部分。つまり芸者が左褄をとって歩く姿である。転じて「左褄」とは芸者の異称のこと。つまり「褄とる女」とは花街に生きる女のことなのである。

« 消えた観光ペナント | トップページ | 白秋忌「からたちの花」 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消えた観光ペナント | トップページ | 白秋忌「からたちの花」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31