無料ブログはココログ

« 十字軍対セルジューク朝、マムルーク朝 | トップページ | 貸本屋げだいばかりの学者なり »

2015年11月16日 (月)

スティーヴン・クレイン

    スティーヴン・クレイン(1871-1900)。アメリカの作家・詩人。ニュージャージー州ニューアークに生れる。シラキューズ大学在学中に書き始めた中編「街の女マギー」でデビューするが、全く売れず、南北戦争を舞台にした「赤い武功章」(1895)で、ようやく作家としての地位を確立する。その後、キューバ動乱、ギリシア・トルコ戦争などに従軍し、その時の体験をもとにした「オープン・ボート」(1898)などの作品を発表するが、肺を病んで、28歳の若さでドイツで客死した。アメリカ自然主義文学の先駆者として、フォークナーやヘミングウェイら後代の作家に与えた影響は大きい。

« 十字軍対セルジューク朝、マムルーク朝 | トップページ | 貸本屋げだいばかりの学者なり »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十字軍対セルジューク朝、マムルーク朝 | トップページ | 貸本屋げだいばかりの学者なり »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31