無料ブログはココログ

« 満月の狂人、アルバート・フィッシュ | トップページ | いすかの嘴の掛け違い »

2015年11月 3日 (火)

藤沢ミエ

   「青春のバイブル」という2枚組CDを図書館から借りて聴く。70年代フォークソングを代表する一曲「花嫁」(1971年)はしだのりひことクライマックス。ところでまっすぐな伸びのある声で歌っている女性ヴォーカルは誰れ?調べたら「藤沢ミエ」としかわからない。彼女の声が最高だった。ほかに浅川マキ「夜が明けたら」、RCサクセション「ぼくの好きな先生」、みなみらんぼう「ウイスキーの小瓶」、甲斐よしひろ「裏切りの街角」などが収められている。

« 満月の狂人、アルバート・フィッシュ | トップページ | いすかの嘴の掛け違い »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 満月の狂人、アルバート・フィッシュ | トップページ | いすかの嘴の掛け違い »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30