無料ブログはココログ

« 新聞創刊 | トップページ | 朝鮮のすごろく「ユンノリ」 »

2015年11月 7日 (土)

やはり野に置け蓮華草

江戸時代中期に滝瓢水という俳人がいた。瓢水が、遊女を見請けしようとする友人に贈った句がよく知られている。

  手に取るな やはり野に置け蓮華草

遊女を蓮華草にたとえ、ふさわしい所に置いておけと忠告したのである。

滝瓢水(1684-1762)は兵庫県加古川の廻船問屋「叶屋」の跡取り息子として生れたが、放蕩にふけり、一代で家産をつぶしたという。

« 新聞創刊 | トップページ | 朝鮮のすごろく「ユンノリ」 »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新聞創刊 | トップページ | 朝鮮のすごろく「ユンノリ」 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31