無料ブログはココログ

« 女性起用 | トップページ | トリコロール記念日 »

2015年10月23日 (金)

ジョンとジョージ

   名前は単なる記号ではなく、不思議な力がやどると考えられる。名前と実体がシンクロするという考えは、これまでいかなる研究者も科学的に解明したわけではないが、世の親たちが子どもの幸せを願って頭を悩ますのをみてもわかるであろう。

   阪神タイガースの今成亮太選手が勝利のお立ち台に上がって一言。「ランディー・バースが・・・・、あっ、すいません、間違えました。ランディ・メッセンジャーが頑張っていたので、何とか点を取りたいと思って打席に入りました」 「史上最強の助っ人」と呼ばれたバースもメッセンジャーも、名は同じ「ランディ」である。

   だが欧米と日本とでは子どもの命名に少し違いがあるようにみられる。日本はなるだけ独創的な名前を考えようとし、欧米は伝統的な名前を好むように思える。利助(伊藤博文)、寅次郎(吉田松陰)、弥太郎(岩崎弥太郎)などの名は現在ではほとんどみられない(龍馬は急増するかもしれないが)。しかしジョンやジョージは英米で現在も一般的に命名されている。ジョン万次郎やジョン・アダムス(米2代大統領)、ジョージ・ワシントン(米初代大統領)の名である。

    英米の普通の男性名ジョンとジョージを選んだが、原綴りでは、JohnとGeorgeは全く異なる。共通するのはイギリスの王名であることである。大憲章(マグナ・カルタ)を制定したジョン失地王。ジョージはハノーバー王朝の国王名である。現イギリス国王エリザベス2世の父の名前はジョージ6世(1895-1952)である。ジョンやジョージのように高貴な名前に対して、ジャックはずっと庶民的なひびきがある。日本でいうと太郎みたいな感じだろうか。

    ジョンという名前の歴史上人物としては、イギリスの宗教改革者ジョン・ウィクリフ(1320-1384)、宗教改革者ジョン・ノックス(1514-1572)、詩人ジョン・ダン(1572-1631)、劇作家ジョン・ドライデン(1631-1700)、哲学者ジョン・ロック(1632-1704)、劇作家ジョン・ゲイ(1685-1732、「乞食オペラ」)、原子論の創始者ジョン・ドールトン(1766-1826)、米の国務長官ジョン・ヘイ(1839-1905)。ケープ植民地のセシル・ジョン・ローズ(1853-1902)、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(1917-1963)などがいる。ジョージという名前には、イギリスの鉄道技術者ジョージ・スチーブンソン(1781-1848)などのほかあまり教科書的な人物は見当たらないが、現代人であれば、「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカス、「明日に向かって撃て」のジョージ・ロイ・ヒル、「スタア誕生」のジョージ・キューカー、「ER緊急救命室」のジョージ・クルーニー、「ウエスト・サイド物語」のジョージ・チャキリス、「特攻野郎Aチーム」のジョージ・ペパードなどがいる。ジョンの現代人としては、「駅馬車」のジョン・フォード、「黄金」のジョン・ヒューストン、「アラモ」のジョン・ウェイン、「真夜中のカーボーイ」のジョン・ヴォイド、「サタデー・ナイト・フィーバー」のジョン・トラボルタなどがいる。こうして並べてみてもジョンとジョージは、好ましい感じのする名であることがうかがわれる。

« 女性起用 | トップページ | トリコロール記念日 »

苗字」カテゴリの記事

コメント

ジョン・ドウというのは、日本で例えると「名無しの権兵衛」のような意味合いだそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性起用 | トップページ | トリコロール記念日 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30