無料ブログはココログ

« アルフレッド・シスレー夫妻の愛 | トップページ | 「テ」事項索引インデックス »

2015年10月30日 (金)

それからのラクスマン

Image010
根室でのラクスマン一行(天理大学図書館蔵)

   ロシア帝国の陸軍中尉アダム・ラクスマン(1766-1806?)がエカチェリーナ2世の命を受けて、ロシア最初の遣日使節として1792年、根室に来航した。幕府は入国を拒否し、ラクスマンは1793年箱館に赴いて日本人漂流民大黒屋光太夫、小市、磯吉の3名を返し、幕府の大目付と応接し通商の開始を求めたが拒否され、わずかに長崎入港許可書(信牌)をえたのみで7月16日に帰国した。帰国後は、女帝に日本の書物や名品を献上したことを賞賛されて、大尉に昇進した。1796年の女帝の死去により失脚したのか、以降の消息は不明である。Adam Laxman参考文献;播磨楢吉「露国最初の遣日使節ラクスマン」 史学雑誌34-1・2,1923

« アルフレッド・シスレー夫妻の愛 | トップページ | 「テ」事項索引インデックス »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

ラクスマンは北海道の函館ゆかりの人物。
函館のロシア風の建物の数々は、今や函館観光の目玉になっています。私は苫小牧市在住ですが、小樽と函館は年に一度は行きたいところですね。happy01

来年3月、函館まで新幹線が開通しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルフレッド・シスレー夫妻の愛 | トップページ | 「テ」事項索引インデックス »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30