無料ブログはココログ

« 朝倉さや話題の山形弁カバー | トップページ | ヤーリッシュ・ヘルクスハイマ―反応 »

2015年10月29日 (木)

むずかしい語句

   人生が苦患の谷であることを私もまたしみじみと感じる (和辻哲郎「べエトォフェンの面」初出「科学と文芸」1916)

   「苦患」は本来、仏教語なので読み方が呉音である。

日本語のなかには、難しい語句・用語もたくさんある。次の漢字を読め。

苦患 胡乱 忸怩 剽軽 端倪 矍鑠 卓袱 雪花菜 鱲子 接骨木 野老 蕺草 嚥下  坩堝 防人  物怪之幸

 <答え>

くげん(くるしみなやむ)

うろん(不確実であるさま。あやしく疑わしいこと)

じくじ(自分の行いなどについて、自分で恥ずかしく思うさま)

ひょうきん(軽率で滑稽なこと。気軽でおどけること)

たんげい(推測すること)

かくしゃく(年老いても、丈夫で元気なさま)

しっぽく(そば、うどんに、蒲鉾、きのこ、野菜などの具をのせ、かけ汁をかけた料理の名)

おから(豆腐の滓)

からすみ(ボラなどの卵巣を塩漬けにしたあと干し固めた食品)

にわとこ(山野に自生し、庭にも植えられる落葉低木)

ところ(ヤマノイモ科の蔓性多年草)

どくだみ(ドクダミ科の多年草)

えんげ(食物を飲みくだすこと)

かんか(るつぼ)

さきもり(律令制において九州北辺防備のために配置した兵士のこと)

もっけのさいわい(考えてもいなかった幸福が実現すること)

« 朝倉さや話題の山形弁カバー | トップページ | ヤーリッシュ・ヘルクスハイマ―反応 »

漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝倉さや話題の山形弁カバー | トップページ | ヤーリッシュ・ヘルクスハイマ―反応 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31