無料ブログはココログ

« 論語・孔子関係文献目録 | トップページ | 東西交渉・西域シルクロード・敦煌文献目録 »

2015年10月 6日 (火)

魯迅と周恩来は遠い親戚

Img_0006

   周恩来と魯迅とは遠く共通の祖先をもつ親類であった。周恩来(1898-1976)は江蘇省淮安で生まれた。しかしその祖父は浙江省紹興から移住してきた家系であり、周家は代々紹興に住む名家であった。「阿Q正伝」などの作品で知られる魯迅(1881-1936)も本名を周樹人といい、紹興であることから、従来から魯迅・周恩来の親類説は存在した。近年の調査によれば、周恩来の出た保祐橘(地名)の周家が本家筋に当たり、魯迅の出た周家は分家筋に当たるという。両家の共通の先祖である周澳から数えると魯迅は第20世代、周恩来は第21世代になる。近年、浙江省上虞で発見された清代に編纂された家系図「天楽周氏宗譜」などの史料によれば、二人の共通の祖先は北宋の儒学者・周敦頤(周濂渓、1017-1073)であることが確認されたという。

« 論語・孔子関係文献目録 | トップページ | 東西交渉・西域シルクロード・敦煌文献目録 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 論語・孔子関係文献目録 | トップページ | 東西交渉・西域シルクロード・敦煌文献目録 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30