無料ブログはココログ

« 儒者たちの赤穂事件 | トップページ | 魯迅と周恩来は遠い親戚 »

2015年10月 5日 (月)

太陽はひとりぼっち、謎のコレット・テンピア楽団

  アラン・ドロンの出世作といえば「太陽がいっぱい」(1960)である。ニーノ・ロータの音楽だが、フィルム・シンフォニック・オーケストラという楽団のレコードもよくラジオから流れた。ミケランジェロ・アントニオーニ監督の「太陽はひとりぼっち」(1962)の主題曲もよくヒットした。原題は「レクリプス(L'eclipse)」。映画ではミーナが歌っているが、日本ではコレット・テンピアColletto Tempia 楽団の曲でヒットしている。これも「太陽がいっぱい」と同様そのような楽団は実在しない。日本のレコード会社がツイスト風にアレンジして、すべて日本人のミュージシャン、アレンジャー、指揮者などによってレコーディングされた。いわば和製のサウンドトラックである。園まりが日本語歌詞で歌っている。

たそがれのローマ

夏の陽のローマ

トレヴィの泉に 沈む陽よ

明日もあさっても ソレイユ レクリプス

愛の太陽 ただひとつ

ひとりぼっちの ああ太陽

むなしい恋の 涙のエンジェル

« 儒者たちの赤穂事件 | トップページ | 魯迅と周恩来は遠い親戚 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 儒者たちの赤穂事件 | トップページ | 魯迅と周恩来は遠い親戚 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31