無料ブログはココログ

« 日本の古人類の謎 | トップページ | ハワイ自然図鑑 »

2015年9月 7日 (月)

コノハズクと鳳来寺山

R129   仏法僧という変わった名前の鳥がいる。つまり「仏の使者」の意味か。初夏の夜、森の奥から聞こえる「ブッポーソー」という鳴き声は古くから一般に仏法僧だと思われていた。昭和10年6月7日、鳳来寺(愛知県新城市)でNHK名古屋中央放送局が幾日か続けて「ブッポーソー」の主を調べるべく実況放送した。その結果、鳥は仏法僧ではなく、フクロウの一種であるコノハズクであることが確認された。仏法僧は「ゲッゲッゲッ」と鳴くそうだ。

« 日本の古人類の謎 | トップページ | ハワイ自然図鑑 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の古人類の謎 | トップページ | ハワイ自然図鑑 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31