無料ブログはココログ

« 懐かしの映画ポスター | トップページ | 「貧乏物語」の頃の日本 »

2015年9月 2日 (水)

Jポップス女性歌手の系譜

  現在、西野カナ、家入レオ、miwaなど若手女性歌手の活躍が目立つ。Jポップスといわれる女性歌手の系譜を探る。戦前クラシックやシャンソンから離れて洋楽ポピュラーをレコードに吹き込むようになったのは、おそらく1930年代、淡谷のり子が先駆者であろう。ブギの女王笠置シズ子は洋楽と歌謡曲をミックスしたものか。戦後はジャズブームとともにナンシー梅木などが活躍。江利チエミや雪村いずみなど若手歌手も台頭する。マンボやドドンパなどニューリズムが流行してさまざまな女性歌手が現れるが、本格的に日本ポップスが隆盛するのはザ・ピーナツの出現によるものであろう。弘田三枝子や中尾ミエなどアイドルも登場するが、やがて歌謡曲とポップスの区別がなくなっていく。60年代から70年代にかけて加藤登紀子、森山良子、イルカなどフォークシンガーも出現するが、やがて荒井由美、中島みゆき、尾崎亜美、渡辺真知子などシンガーソングライターがニューミュージックといわれ女性ポップス界の中心となっていく。しかし、現在につながる女性ミュージシャンの系譜を探ると、ユーミンらよりもむしろ1990年代から2000年代にかけて活躍した女性ポップス歌手の一群がその先駆であるように感じる。女性歌手の流れを変えたと思われる先駆的ミュージシャンとして吉田美和(ドリカム)、奥居香(プリンセス・プリンセス)、森高千里、渡辺美里、MISIAなどがいる。

1974年「雨だれ」 太田裕美

1978年「オリビアを聴きながら」 杏里

1978年「夢で逢えたら」 吉田美奈子

1979年「キャンパススケッチ」 沢田聖子

1979年「私のハートはストップモーション」 桑江知子

1980年「春先小紅」 矢野顕子

1980年「恋人よ」 五輪真弓

1980年「不思議なピーチパイ」 竹内まりや

1980年「カントリーガール」 谷山浩子

1983年「う、ふ、ふ、ふ」 EPO

1985年「翼の折れたエンジェル」 中村あゆみ

1985年「恋におちて Fall in love」  小林明子

1986年「My Revolution」 渡辺美里 

1986年「CHA-CHA-CHA」 石井明美

1987年「SHOW ME」 森川由加里

1987年「Hold On Me」 小比類巻かほる

1989年「あなたに会いたくて」 吉田美和(ドリームズ・カム・トゥルー)

1989年「がんばれブロークン・ハート」 谷村有美

1990年「雨」 森高千里

1990年「会いたい」 沢田知可子

1990年「今すぐ Kiss Me」 渡瀬マキ(RINDBERG)

1990年「サイレント・イヴ」 辛島美登里

1992年「DA・KA・RA」 大黒摩季

1992年「部屋とYシャツと私」 平松愛理

1993年「男」 久宝瑠理子

1993年「だまってないで」 松田樹里亜

1993年「負けないで」 坂井泉水(ZARD)

1993年「ロマンスの神様」 広瀬香美

1994年「ゆずれない願い」 田村直美

1995年「夢見る少女じゃいられない」 相川七瀬

1995年「I BELIEVE」 華原朋美

1995年「Tomorrow」 岡本真夜

1996年「PRIDE」 今井美樹

1996年「そばかす」 YUKI(JUDY AND MARY)

1997年「渚にまつわるエトセトラ」 Pueey

1997年「For the moment」 Every Little Thing(持田香織)

1997年「CAN YOU CELEBRATE?」 安室奈美恵 

1997年「White Love」 SPEED

1998年「つつみ込むように…」 MISIA

1998年「Trust」 浜崎あゆみ

1998年「Automatic」 宇多田ヒカル

1998年「Wing」 知念里奈

1998年「長い間」 Kiroro

1999年「あなたのキスを数えましょう」 小柳ゆき

1999年「Love Day Afer Tomorrow」 倉木麻衣

1999年「カブトムシ」 aiko

1999年「無罪モラトリアム」 椎名林檎

1999年「BE TOGETHER」 鈴木あみ

2000年「月光」 鬼束ちひろ

2000年「さよなら大好きな人」 花*花

2000年「片思い」 柴田淳

2000年「LOVE2000」 hitomi

2000年「my sweet darlin'」 矢井田瞳

2000年「パピヨン」 島谷ひとみ

2001年「NAVY BLUE」 愛内里菜

2001年「secret basce~君がくれたもの~」 ZONE

2001年「LOVE涙色」 松浦亜弥

2003年「雪の華」 中島美嘉

2003年「Jupiter」 平原綾香

2003年「さくらんぼ」 大塚愛

2003年「君と約束したあの優しい場所まで」 三枝夕夏

2003年「月のしずく」 柴咲コウ

2004年「ハナミズキ」 一青窈

2005年「Butterfly」 倖田來未

2006年「三日月」 綾香

2006年「SAKURA」 吉岡聖恵(いきものがかり)

2006年「ガーネット」 奥華子

2006年「友達の詩」 中村中(戸籍上の性別は男性)

2006年「Good-bye days」 YUI

2007年「ポリリズム」 Perfume

2007年「ハロー・ハロー」 越智志帆(Superfly)

2008年「手紙~拝啓十五の君へ~」 アンジェラ・アキ

2008年「偶然の確率」 千紗(girl next door)

2008年「そばにいるね」 青山テルマ

2009年「明日がくるなら」 JUJU

2009年「深愛」 水樹奈々

2010年「バタフライ」 木村カエラ

2010年「トイレの神様」 植村花菜

2010年「会いたくて会いたくて」 西野カナ

2011年「つけまつける」 きゃりーぱみゅぱみゅ

2014年「サンキュー。」 大原櫻子

2014年「本当の恋」 May J.

   このほかに 野田幹子、遊佐未森、森川美穂、相馬裕子、川島だりあ、久松史奈、丸山みゆき、石岡美紀、貴島サリオ、奥井亜紀、峠恵子、鈴木祥子、榊いずみ、浜田麻里、CHARA、佐田真由美、鈴里真帆、MAX、峯岸里名、椛田早紀、菅崎茜、オノ・アヤコ、より子、椎名法子、河辺千恵子、朝日美穂、神田沙也加、長瀬実夕、加藤ミリヤ、安良城紅、嘉陽愛子、柳田久美子、岸本早未、加賀美セイラ、宇野実彩子(AAA)、楠野紋子、つじあやの、椎名へきる、畠山美由紀、国府田マリ子、阿部真央、沢井美空、西内まりあ。

« 懐かしの映画ポスター | トップページ | 「貧乏物語」の頃の日本 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしの映画ポスター | トップページ | 「貧乏物語」の頃の日本 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30