無料ブログはココログ

« 霊長類の進化と文明への歩み | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2015年9月23日 (水)

日本語における横書きの始まり

Photo_2
   元来日本語は漢文に倣い、文字を上から下へ、また行を右から左へと進めて表記を行っていた。江戸時代に蘭学の流行などの影響を受け、洋書を真似た横書き法が発生する。明治時代になって外国語辞書の語釈や数学書などに、日本語を横書きにする例が見られるが、明治10年代になってからである。日本語の横書きは最初は紙幣や鉄道切符であろう。鉄道創業にあたっては、日本人にとつて未経験であったため、運用のシステム全体から、乗車券も、用紙・印刷機・改札鋏までふくめてイギリス式が採用された。天理大学附属天理参考館が所蔵する明治4年頃の鉄道切符には表面に日本語と英語が併記され、裏面に英仏独の三ヵ国語表示がされている。横書きを採用したのは、鉄道切符や紙幣のように、文字を横長の紙面の形に調和されるという面があったのであろう。(参考:屋名池誠「横書き登場 日本語表記の近代」 岩波新書)

« 霊長類の進化と文明への歩み | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 霊長類の進化と文明への歩み | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30