無料ブログはココログ

« 西ローマ帝国と漢王朝 | トップページ | 和名・学名・原語のはなし »

2015年9月 4日 (金)

日本映画脇役列伝

152651287_thumbnail   現在活躍中の平成のバイプレーヤーで思い浮かぶのは、平泉成、大杉漣、塩見三省、笹野高史、蟹江敬三、伊武雅刀、平田満、角野卓造、岸部一徳、國村隼、小日向文世、寺田農、温水洋一など。ここではサイレントの時代から映画黄金期の名脇役について記す。高瀬実乗(1897-1947)はサイレント時代から活躍していたが、トーキー以降の「わしゃかなわんよ」、「アーノネおっさん」等のギャグで人気があった。

Yaku42_a  新国劇出身の上田吉二郎(1904-1972)は肥った身体でダミ声をだす時代劇の敵役、悪役を得意とした。「羅生門」「七人の侍」「どん底」はじめとする黒沢作品の常連で名作の出演も多い。

伊藤雄之助(1919-1980)は長身で長い顔の怪異な容貌で「巨人と玩具」「椿三十郎」などアクの強い演技で多数の映画で活躍した。

000honmajidaishyo_007x

71537db4890c1fa0f6b3d3e0dda665bd

  新国劇出身の石山健二郎(1903-1976)は禿頭の頑固親父のイメージで「天国と地獄」「白い巨塔」など忘れ得ぬバイプレイヤーであった。

10116167237

    新劇出身の加藤嘉(1913-1988)は、ふけ役専門で「米」「神々の深き欲望」「砂の器」など性格俳優として重用された。「白い巨塔」の大河内教授役はハマリ役で、映画・ドラマの両方で演じている。4度結婚したが、3番目の妻は山田五十鈴(1950年~53年)。

T02200190_0348030110227001708
 榎木兵衛(1928-2012)は「俺は待ってるぜ」など日活映画のチンピラ役の出演が多い。

 その他、印象に残る俳優さんたち。

Img_12 Img_1 Pn2010011401000288___ci0003
    高品格                川谷拓三          奥村公延

11808 T02200293_0240032010370783414 Con01_06_004_01
    佐田豊              小林昭二         中条静夫

Kusanagi2_2 Img_2 163cb935
    草薙幸次郎         垂水悟郎        横森久

  脇役と一口に言っても、個性的で印象に残る脇役と、地味で平凡な役を得意とする脇役がいる。佐田豊は東宝の特撮映画や黒澤明作品の常連であるが、ほとんど印象が無く、存在感のうすいタイプの典型。「ゴジラ」の対策本部員、「透明人間」の南条の仕事仲間、「大学の若大将」の板前、「乱れる」の商店主。「天国と地獄」の運転手だけはよく覚えている代表作は「私は貝になりたい」。現在104歳とご健在である。

Img_0430   綾瀬はるか主演のドラマ「きょう会社休みます」。父親の役者が見覚えない顔である。浅野和之という。多数の作品に出演している俳優である。むかしドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で亜紀が入院していた医師で綾瀬と共演しているが、記憶にない。

« 西ローマ帝国と漢王朝 | トップページ | 和名・学名・原語のはなし »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

本田博太郎という俳優も、重要な脇役、悪役、とても上手いと思います。

男性ばかりの脇役が挙げられていますが、先日、ご主人の大山勝美さんを亡くされた渡辺美佐子さん、上手いなぁと思います。

中条静夫さんは、「あぶない刑事」の課長役がとても印象に残っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西ローマ帝国と漢王朝 | トップページ | 和名・学名・原語のはなし »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31