無料ブログはココログ

« ショーペンハウエル忌日 | トップページ | 「心」が入る四字熟語、10個答えよ »

2015年9月21日 (月)

毛利敬親と元徳

    幕末長州の藩主。司馬遼太郎は、「敬親に世界観はなかった、といえばかれに酷だろう。かれはかれ自身独創力というものはもたなかったが、人物眼もあり、物事の理解力にも富んだ男で、それに生まれつきおそろしく寛大であった」「ある意味では、かれほど賢候であった人物はいなかつたかもしれない。かれは愚人や佞人を近づけようとはせず、藩内の賢士を近づけた」と書いている。「花燃ゆ」での北大路欣也はその雰囲気を品よく体現していた。長州最後の藩主元徳を演じたのは三浦貴大。百恵ちゃんの子。敬親の実子ではなく養子。ドラマで元徳が登場するのは「花燃ゆ」が初めてだろう。元徳は1896年、57歳で死去している。

« ショーペンハウエル忌日 | トップページ | 「心」が入る四字熟語、10個答えよ »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ショーペンハウエル忌日 | トップページ | 「心」が入る四字熟語、10個答えよ »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31