無料ブログはココログ

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | ゴッホ全作品 »

2015年8月19日 (水)

だれが山を守るのか

  日本は森林面積は国土面積に占める割合は大きい。緑と水の大切さを理解する必要がある。だが一般に林業への関心は薄い。東大の山林学科卒業後明治33年にドイツ留学し、盛岡高等農林学校講師をつとめ、わが国の林業学に貢献した伊藤門次に関して調査していたが、明治16年兵庫県生まれという程度で昭和50年前後に没したと思われるが、正確な没年がわからない。ネット記事は少なすぎる。そんななかで河野千代という児童文学者が「だれが山を守るのか」という本を書いていることを知る。これまで「詩人と皇帝」「若き英雄アレクサンダー大王」「ウェルギリウスの牧歌・農耕詩」を書いてきた河津には一見畑違いと思われたが、彼女の作品を通して考えると、繋がっている。治山治水が大切だというのは同感である。

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | ゴッホ全作品 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何でも知って、何でも考えよう | トップページ | ゴッホ全作品 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30