無料ブログはココログ

« だれが山を守るのか | トップページ | ミカドアゲハ »

2015年8月19日 (水)

ゴッホ全作品

    ゴッホは風景画、人物画、そして花などの静物画など万物を対象として描いている。その総数は不明であるが、油彩約860点、水彩画約150点、素描約1030点が確認されている。油彩画の内訳は風景画380点、人物画250点、静物画170点である。ゴッホが重視したのは風景画と人物画であるが、「ひまわり」のように静物画に人気が高い作品がある。静物画の題材としては花が一番多いが、ほかに室内の椅子、靴、果物、陶器、瓶、聖書、魚など身近なものが多い。静止したものに限られ、猫や犬などはモデルとしてはほとんど描くことはなく、動物では牛などのように動きの少ないものに限られる。油彩が860点ということであるが、これが全作品ではない。ゴッホの絵は2度にわたって大量に失われている。最初は1885年、ヌエネンの牧師館を去ったとき、大量に残した習作を、母親が出入りの大工に頼んで処分した。大工が屑屋に売ったため、今日1点も残っていない。2度目はアントワープの絵の具屋の2階に数ヶ月間借りして、1886年にそこからパリに出発したが、部屋代を滞納していたため、かなり大量に描いた絵を置きっぱなしにして出た。これも1点も残っていないといわれる。おそらくゴッホの油彩画が全部残っていれば1000点を超えるものと思われる。

« だれが山を守るのか | トップページ | ミカドアゲハ »

ゴッホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« だれが山を守るのか | トップページ | ミカドアゲハ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30