無料ブログはココログ

« 「千字文」伝来考 | トップページ | 洗濯板の研究 »

2015年8月 3日 (月)

千字文

 北宋の第八代皇帝徽宗は、書画の才能にすぐれ「風流天子」と称された。その線はダイヤモンドの様に硬く美しく、痩金体と称される独特の書体である。下の作品「正書千字文」(1104年)22歳の作であり、清楚で高貴な味わいがある。

楷書千字文 宋・徽宗

Img124v640

楷書千字文 神霄玉清万寿宮碑(1119年)

Img125v640

« 「千字文」伝来考 | トップページ | 洗濯板の研究 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「千字文」伝来考 | トップページ | 洗濯板の研究 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31