無料ブログはココログ

« 一番電車が走った | トップページ | 被爆アオギリ »

2015年8月 5日 (水)

峠三吉「原爆詩集」

ちちをかえせ ははをかえせ

 

としよりをかえせ

 

こどもをかえせ

 

わたしをかえせ わたしにつながる

 

にんげんをかえせ

 

にんげんの にんげんのよのあるかぎり

 

くずれぬへいわを

 

へいわをかえせ

Photo_3   この詩は峠三吉(1917-1953)の「原爆詩集」の冒頭「序」にある「にんげんをかえせ」である。峠三吉は大阪府豊中市の生まれ。1945年、広島で原爆にあい、原爆症に苦しみながら文化運動・原水爆反対運動に尽力し、51年に「原爆詩集」を刊行した。凄惨な事実を即物的に歌い、詩における最も早い原爆体験の集中表現として注目され、原爆への抗議を呼び起こす大きな力となった。1953年3月10日この世を去った。

原爆詩集 青木書店 1951
原子雲の下より 青木書店 1951
「死が早すぎた峠三吉」 秋山清 新日本文学8-5  1953
「峠三吉のこと」 前田芳雄 人民文学4-6  1953
風のように炎のように 峠三吉追悼集 峠三吉追悼集出版委員会 1954
峠三吉と許南麒 岡本潤 岩波講座文学・創造と鑑賞1 1954
「武器をきたえつづけた詩人 峠三吉の作品と生涯」土井大助 文化評論24   1963
「ユートピア・ヒロシマ」 峠三吉 現代の眼6    1965
にんげんをかえせ 峠三吉全詩集 風土社 1970
八月の詩人 原爆詩人峠三吉の詩と生涯 増岡敏和 東邦出版社 1970
「峠三吉の詩における死と愛 「原爆詩集」にいたる道程」 且原純夫 新日本文学26-2  1971
「詩人の運命 峠三吉・その原爆詩の弾道」 増岡敏和 民主文学69   1971

« 一番電車が走った | トップページ | 被爆アオギリ »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一番電車が走った | トップページ | 被爆アオギリ »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31