無料ブログはココログ

« 世界と日本 | トップページ | 門倉岬鉄砲伝来紀功碑 »

2015年8月24日 (月)

最近の話題作

  出版界では2015年上半期はやはり又吉直樹の「火花」が200万部を突破して話題となった。上橋菜穂子「鹿の王」は謎の伝染病を防ごうとする人たちの物語でファンタジー長篇。「フランス人は10着しか服を持たない」(ジェニファー・スコット著)。曽野綾子「人間の分際」(幻冬舎新書)。努力でなしうることには限度があり、人間はその分際を心得るべきだという内容。コミックでは、定番の「ONE PIECE」「進撃の巨人」を追う作品として鈴木央の「七つの大罪」が浮上してきた。洋楽ではピアノ弾き語りのジョン・レジェンドの「オール・オブ・ミー」が甘くて癒される。Jポップでは「夏の罪」(花岡なつみ)「太陽ノック」(乃木坂46)「君がくれた夏」(家入レオ)「もしも運命の人がいるのなら」(西野カナ)「真夏の太陽」(大原櫻子)映画ではアニメ「ラブライブ!The School Idol Movie」が大ヒット。邦画では「野火」。1959年市川崑で映画化されたが、塚本晋也がリメイク。

« 世界と日本 | トップページ | 門倉岬鉄砲伝来紀功碑 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

又吉の「花火」は月刊純文学文芸誌「文学界」2月号で読みましたが、ま、そこそこの作品ということだけですが、有名芸人の芥川賞ということで、一般人に人気になったのでしょう。
いいことですね。若い世代の文学の興隆、刺激になるといいと思います。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界と日本 | トップページ | 門倉岬鉄砲伝来紀功碑 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30