無料ブログはココログ

« 「ふ」 ファースト・ネームから引く人名一覧 | トップページ | 「ラムスデン現象?」でっち上げの言葉かもしれない »

2015年8月 6日 (木)

13~15世紀の東南アジア

Yjimage3qv03fp7  マジャパヒト王国は13世紀から16世紀にかけてジャワにあったヒンドゥー教王国。ケルタラジャサは元軍の侵略を撃退して、スラバヤ付近のマジャパヒトに建国した。(1293年) その後、元に使者を遣わして朝貢し、友好関係維持につとめ、内政をととのえた。

 14世紀後半ハヤム=ウルク王のとき、宰相ガジャ=マダの補佐を得て最盛期を現出し、ジャワを除くインドネシア全域とマライ半島の一部を服属させ、ジャワ史上最大の領域を開いた。のち王位継承の争乱が起こり、属国が離反し、財政が窮乏して衰退した。

 王の頌徳詩「ナーガラクルターガマ」(1365年)はインド=ジャワ文学の傑作。インドネシア全域にヒンドゥー教の建造物が多く建設された。このヒンドゥー文化は東方とくにバリ島に伝えられ、今日に及んでいる。

   15世紀にマレー半島ではマラッカ王国が栄えた。これは東南アジアで最初のイスラム王国で、香辛料貿易を通じてマレー、インドネシア方面にイスラム教を広めた。

« 「ふ」 ファースト・ネームから引く人名一覧 | トップページ | 「ラムスデン現象?」でっち上げの言葉かもしれない »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ふ」 ファースト・ネームから引く人名一覧 | トップページ | 「ラムスデン現象?」でっち上げの言葉かもしれない »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31