無料ブログはココログ

« 赤道付近一帯における頭蓋崇拝 | トップページ | なぜ「東海道」四谷怪談か?  »

2015年7月13日 (月)

広重は東海道を旅せずに描いた!?

26

  1858年のこの日、安藤広重は62歳で没した。広重の東海道五十三次と東海道名所図会を見比べると、多くの共通点がある。全55点のうち、19枚が東海道名所図会をアレンジしているし、十辺舎一九の続東海道中膝栗毛などからの挿図を含め、半数近くは種本が見つかった。これにより広重は写生をもとにしたのではなく、種本でアレンジすることが知られるようになった。東京赤坂のサントリー美術館で「広重・東海道五拾三次」展が開催中である。(1月15日まで)。本展では那珂川馬頭広重美術館所蔵の保永堂版と、サントリー美術館所蔵の隷書版を一挙に公開している。

    日坂宿とは金谷と掛川との間の山あいの小さな宿場。明治になって東海道本線が南に通り、元の宿場はさびれ一農村となったが、江戸の面影を遺している。

    広重「佐夜ノ中山」は大胆な構図で右端に急坂を描き、山の険しさを強調する。坂下にころがる大きな石は夜泣石。昔、みごもった妻が金谷に住む夫を訪ねて山越しの途中、賊に斬り殺される。胎内の子は観音の化身によってとり出され助かるが、女の恨みは傍らの石にのりうっつて、夜毎に石が夜泣きしたという有名な伝説をもとにしている。(9月6日)

« 赤道付近一帯における頭蓋崇拝 | トップページ | なぜ「東海道」四谷怪談か?  »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤道付近一帯における頭蓋崇拝 | トップページ | なぜ「東海道」四谷怪談か?  »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31