無料ブログはココログ

« ヒスイの里と相馬御風 | トップページ | 古代ハスと大賀一郎 »

2015年7月 7日 (火)

ケラマジカ

Msnj1119img522x6001408517114ennrx81  沖縄慶良間諸島に棲む野生のシカ「ケラマジカ」は、17世紀に薩摩からシカを持ち帰って慶良間の古場島(現在の久場島)に放したと記録されている(琉球国由来記)。このシカは「島渡り」(泳いで島間を移動すること)をすることで有名である。そうして、350年間に久場島からあちこちの島々に広がった。ケラマジカは1955年に琉球政府の天然記念物に、また、復帰の1972年に国の天然記念物に指定され、保護されている。現在慶良間諸島の4島に約60頭が生息していると推定される。(伊澤雅子「慶良間諸島のシカ」 みどりいし 6巻 1995年)

« ヒスイの里と相馬御風 | トップページ | 古代ハスと大賀一郎 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒスイの里と相馬御風 | トップページ | 古代ハスと大賀一郎 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30