無料ブログはココログ

« ドイツ語単語集 | トップページ | 世俗内的禁欲 »

2015年7月11日 (土)

移動する琵琶湖

Coveralb60
奥比叡ドライブウェイ展望台から高島の岬を眺める

    日本で最も大きな湖である琵琶湖。しかし世界ランキングでいうと、淡水湖のみでは129番目、塩湖を含めると188番目である。世界でいちばん大きいカスピ海は琵琶湖 の553倍ある。

    琵琶湖は毎年2センチ程度、北へ移動している。琵琶湖は約400万年前、現在の三重県上野盆地に琵琶湖の起源となる大山田湖が誕生した。そして古琵琶湖と呼ばれる湖は次第に北上し、現在の甲賀地方に広がった。約200万年前ごろ、近江盆地へ移動し、約150万年前には古い湖は消滅し、礫で埋まった。そして約40万年前、今の位置まで移動して新しい湖を形成した。それが現在の琵琶湖である。古琵琶湖の位置から算出すると、年平均はおよそ2.2cm北へ移動したことになる。1970年代に国土地理院が測定した琵琶湖の最深部と比べると30cmも深くなっている。凹状が変化しているが移動しているとはいえない。だが琵琶湖の北には活断層があるのでさらに移動し、将来は日本海に達して湾になることも考えられる。

« ドイツ語単語集 | トップページ | 世俗内的禁欲 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ語単語集 | トップページ | 世俗内的禁欲 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31