無料ブログはココログ

« ケラマジカ | トップページ | ヴィヴィアン・リー忌日 »

2015年7月 7日 (火)

古代ハスと大賀一郎

Photo   ハスは古代から栽培され、肥大した末端部(レンコン)は食用していたらしい。1951年千葉市の落合遺跡で大賀一郎(1883-1965)は、縄文時代に咲いていた古代ハスの種3粒を発見し、発芽させたことから「大賀ハス」と呼ばれる。1999年発行された切手には大賀ハスと千葉公園の「蓮華亭」が描かれている。

« ケラマジカ | トップページ | ヴィヴィアン・リー忌日 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケラマジカ | トップページ | ヴィヴィアン・リー忌日 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31