無料ブログはココログ

« ディクタトゥーラ | トップページ | なぜ本屋にいると便意をもよおすのか? »

2015年7月14日 (火)

人はなぜ歳を取ると10年、1年が早く感じるのか?

220pxpaul_janet   人が感じる月日の流れや過去を振り返ったときの時の流れの早さに対応する感覚は若い頃は遅く、年をとるにつれて短く早く感じるようになる。この現象は「ジャネーの法則」といわれ、フランスの哲学者ポール・ジャネー(1823-1899)が提唱した。

   年齢を重ねるごとに時間の流れが速く感じるようになる原因のひとつが、様々な経験の蓄積であるといわれている。まだ経験が少ない子供の頃は、日々新しい情報や刺激が入ってくるため、脳の使用頻度が高く、いわば毎日の実感が濃い状態になる。その分、時間の流れもゆっくりに感じる。それが、年齢を重ねると、そうした情報や刺激が脳に蓄積され、新しい情報に出会う機会が減少してくる。既に知っている情報を開き、すでに経験した事を行い、同じような毎日を繰り返していると、毎日の実感が薄い状態になり、振り返るとあっという間に過ぎ去ったような感覚になるわけである。(Paul Janet)

« ディクタトゥーラ | トップページ | なぜ本屋にいると便意をもよおすのか? »

「哲学・思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ディクタトゥーラ | トップページ | なぜ本屋にいると便意をもよおすのか? »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30