無料ブログはココログ

« 池田屋騒動 山崎烝と古高俊太郎 | トップページ | キャロル・リンレーvsサンドラ・ディー »

2015年6月22日 (月)

天才子役のその後

1392125283_shirleytemplearticleShirleytemple05   映画百年のあいだに多くの名子役が生まれた。のちに俳優を続けた人、引退した人、若くして亡くなった人、その人生はさまざまである。

   映画史に残る名子役として最初に現れるのはチャップリンの映画「キッド」(1921)のジャッキー・クーガン(1914-1984)。30年代に大活躍したのはシャーリー・テンプル(1928-2014)。ハリウッド引退後も外交官、企業の重役として成功を収めた。

Photo  戦後も名作映画にはいつも子役がいた。「自転車泥棒」のエンツォ・スタヨーラ(1939年生まれ)はデ・シーカ監督が街で探し出した素人の子役であった。その後もアンナ・マニャーニ主演の「噴火山の女」(1953)などに出演している。「鉄道員」のエドアルド・ネボラも存命である。

「シェーン」のブランデン・デ・ワイルドは30歳で、「汚れなき悪戯」のパブリート・カルボは52歳で早世している。ブランデン・デ・ワイルドは「ゆきすぎた遊び」(1959)でキャロル・リンレーと共演し、青春スターとして期待されていた。

D84f2bbd0559dd98845804fca9fbcfbc9af90db181ede07ca2e9b14929b95ec1

My2_79otl1fthym57haapmg_2

M9st1p1xaqcbcmvfyds6sna

Calvo20pablo_image004

Ferroc03Tvlmsyw3

Hqdefault

「禁じられた遊び」のブリジッド・フォッセーは女優として活躍した







« 池田屋騒動 山崎烝と古高俊太郎 | トップページ | キャロル・リンレーvsサンドラ・ディー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 池田屋騒動 山崎烝と古高俊太郎 | トップページ | キャロル・リンレーvsサンドラ・ディー »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31