無料ブログはココログ

« 岡山県が誇れるのは? | トップページ | 心を豊かにする言葉 »

2015年6月23日 (火)

日本で観れるゴッホの作品

45b7073a003  フィンセント・ファン・ゴッホは生涯に12点の「ひまわり」を描いている。そのひとつを日本で観ることができる。1987年に58億円で落札した話は人々を驚かした。損保ジャパン東郷青児美術館が所蔵している。現在国内でゴッホの作品を所蔵する美術館は意外と多くある。おそらく20点近くある。画像は「ひろしま美術館」。

「農婦」 1884-85年、ウッドワン美術館(広島県廿日市市)

「ドービニーの庭」1890年 ひろしま美術館

「雪中で薪を集める人々」 1884年 山形美術館寄託

20121212210545456s

「座る農婦」 1884年 諸橋近代美術館(福島県耶麻郡)

「サン・レミの道」 1889年12月 笠間日動美術館(茨城県笠間市)

「ニシンとニンニクのある静物」 1887年春頃 ブリヂストン美術館

「モンマルトルの風景」 1886年頃 ブリヂストン美術館

「石膏トルソ(女)」 1887~88年 メナード美術館

「一日の終わり」 1889年11月 メナード美術館

「ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋」 1888年 ポーラ美術館

Photo_3

「アザミの花」 ポーラ美術館

「白い花瓶のバラ」 1886年 和泉市久保惣記念美術館

「耕す人」 1882年8月 和泉市久保惣記念美術館

Top_img32

「ばら」 1889年 国立西洋美術館

「ガッシェの肖像」 東京藝術大学大学美術館

「鋤仕事をする農婦のいる家」 東京富士美術館

「医師ガッシェの肖像(パイプを持つ男)」 横浜美術館

「長い棒を持つ農婦」 新潟県近代美術館

« 岡山県が誇れるのは? | トップページ | 心を豊かにする言葉 »

ゴッホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岡山県が誇れるのは? | トップページ | 心を豊かにする言葉 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30