無料ブログはココログ

« 裕次郎と係船柱 | トップページ | ジョニー・デップ52歳 »

2015年6月 8日 (月)

金銅小野毛人墓誌

Kyotofukohs1403ad012211   1613年に崇道神社の裏山にある古墳の石槨から、小野毛人(おののえみし)の墓誌が発見された。毛人は小野妹子の子であるが、彼の事績は史書からは窺い知ることはできない。この墓誌銘(国宝、京都国立博物館所蔵)は、銅板製で、表に「飛鳥浄御原宮治天下天皇(天武)御朝任太政官兼刑部大卿位大錦上」、裏に「小野毛人朝臣之墓営造歳次丁丑年(天武六)十二月上旬即葬」と48文字が陰刻されている。小野妹子の子孫は飛鳥時代から平安時代にかけて有為な人材を輩出した名門・名家である。直系図としては、妹子ー毛人ー老(おゆ)-竹良(つくら)-永見ー岑守(みねもり)-篁ー葛絃ー好古ー道風、と続く。

« 裕次郎と係船柱 | トップページ | ジョニー・デップ52歳 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裕次郎と係船柱 | トップページ | ジョニー・デップ52歳 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31