無料ブログはココログ

« 神長老林節とカンチョロ節 | トップページ | 濁る?濁らない?あの地名の読み方 »

2015年6月21日 (日)

明治初期、新潟県がいちばん人口が多かった

   板垣退助の自由民権運動が起こってきた頃、明治13年の東京の人口は100万人に満たない状態で、都道府県別では12位だった。1位は新潟県の154万人、2位が兵庫県の139万人、3位が愛知県の130万人だった。明治21年になると東京は4位となり、人口が急激に増加する。明治31年には東京が188万人で新潟を抜く。かつて新潟が人口1位であったというのは、日本の産業が農業中心であったことをものがたっている。明治末期には東京1位、大阪2位というかたちができあがり、農業より商工業に人が集まる都市化が進展する。

O0800038711108111153

« 神長老林節とカンチョロ節 | トップページ | 濁る?濁らない?あの地名の読み方 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神長老林節とカンチョロ節 | トップページ | 濁る?濁らない?あの地名の読み方 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30