無料ブログはココログ

« 芸と藝 | トップページ | あの娘の年齢は? »

2015年6月28日 (日)

郵便(明治事物起源)

    近代日本の郵便制度は前島密により明治4年3月1日に始まった。創業時の郵便ポストは「書状集箱(しょじょうあつめばこ)」という。肘付き台に四角い箱をのせた木製ポストで、「上り方」「下り方」の二つの箱があり、上の掲示板に取集時刻や料金が書かれた。東京、京都、大阪、そして東海道の宿場62ヵ所に設置された。明治5年になると、黒いペンキを塗った「黒塗柱箱」(黒ポスト)が現れる。そして明治34年に鉄製の赤色丸型ポスト(中村幸治考案)ができる。

P1_P2_P2__2
  書状集箱            黒ポスト      中村式ポスト



Icon_ryumonstamp   近代郵便の創始とともに、登場したのが、四種の切符手形、いわゆる「切手」である。意匠に竜をあしらったことから、総じて「竜文切手」と呼ばれている。松田禄山の玄々堂が手作業で切手を製作していた。(これを手彫切手という)この日扱った郵便の数は、東京・大阪間でわずか308通しかなかった。やがて明治9年から明治政府に雇われたキヨソーネが印刷技術による切手を製作する。これより以前の明治3年、イギリスの貿易会社が発行した外国人向けのサザーランド切手というのが15枚ほど確認されている。東京築地ホテル館と横浜アフターハウスホテル間を馬車で手紙を運んだ。翌年には郵便制度が始まったので短期間で中止されている。世界初は1840年5月1日、イギリス郵政省が「ペニー・ブラック」を発行した。

Photo_6
 サザーランド切手

« 芸と藝 | トップページ | あの娘の年齢は? »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸と藝 | トップページ | あの娘の年齢は? »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31