無料ブログはココログ

« 男鹿半島鮪川層から出土した貝化石 | トップページ | 「じんだつめり」はどんな味? »

2015年6月21日 (日)

岩手県滝沢市

Im20070609nn000y2070906200713    岩手県滝沢市は全国で一番新しい市である。旧滝沢村は盛岡市に隣接する立地もあって、1970年代から人口が急増し、現在、町村部の中で一番人口が多い(53,555人)。だいたい全国の人口5万人以上の町村は市制移行していくなかで、滝沢村では盛岡市との合併案もあったが、住民による強い反発があり実現しなかった。そして単独市制として2014年1月1日に「滝沢市」へとが誕生した。

   「チャグチャグ馬コ」は毎年6月、滝沢村の鬼越蒼前神社から盛岡市の盛岡八幡宮まで、華やかな馬具を纏った馬を連れて行進する祭りである。

滝沢市の人口の推移
1970年  12,000人
1975年  16,047人
1980年  25,686人
1985年  31,733人
1990年  38,108人
1995年  44,189人
2000年  51,241人
2005年  53,560人
2010年  53,853人

« 男鹿半島鮪川層から出土した貝化石 | トップページ | 「じんだつめり」はどんな味? »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 男鹿半島鮪川層から出土した貝化石 | トップページ | 「じんだつめり」はどんな味? »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31