無料ブログはココログ

« ペドロ・デ・メンドーサ | トップページ | レベッカ・デ・モーネイが好き »

2015年6月 3日 (水)

長内かつ枝という名前を聞くだけで笑える

O0359064012494831838   朝ドラ「まれ」が面白くなってきたが、やはり「あまちゃん」には遠く及ばない。どこか力のぬけたあまちゃんと、めいっぱい元気なガンバリズムのヒロインの差かもしれない。脇役で木野花(画像左)が演じるでんでんの妻の名前は「長内かつ枝」という。昭和40年に昼メロで評判だった長内美那子と吉田輝雄の「愛染かつら」。最高視聴率が40%という驚異的な記録を残している。ヒロインの名前は看護婦、高石かつ枝。つまり「長内かつ枝」とは長内美那子と高石かつ枝を足して割った名前である。それにしても何故「愛染かつら」なのか?田中絹代は歌が下手だったからミス・コロンビア(松原操)が影武者となって歌っていた。つまり天野春子は、鈴鹿ひろ美の影武者だったように。でんでん曰く「落武者でなくて影武者ではないか」というセリフも印象的である。

« ペドロ・デ・メンドーサ | トップページ | レベッカ・デ・モーネイが好き »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

長内美那子は青森県弘前の出身。木野花も弘前大学卒なので同郷の先輩の姓を借用したのだろうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペドロ・デ・メンドーサ | トップページ | レベッカ・デ・モーネイが好き »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31