無料ブログはココログ

« 東京の名付け親はコレラで死んだ(明治事物起源) | トップページ | 徳川家康と佃煮 »

2015年6月29日 (月)

韓国トロット「愛の迷路」「離別(イビョル)」

PhotoPanxq
   チェ・ジニ                    ブォンソンケイ


 トロットとは韓国歌謡における演歌である。「愛の迷路」や「離別」など韓国歌謡の多くはキム・ヨンジャや桂銀淑などで日本語訳詞でカバーされているが、原曲は60年代から80年代のヒット曲。「愛の迷路」はチェ・ジニ(崔辰熙)が1983年に歌った。「離別(イビョル)」は日本語歌詞でもお馴染み。「♫時には思い出すでしょう 冷たい人だけど あんなに愛した思い出を忘れはしないでしょう」ブォン・ソンケイ(潘秀瓊)はマカオ生まれで現在も元気でシンガホールに在住しているらしい。

   韓国歌謡で有名な歌は「木浦の涙」(1935)イ・ナンヨン(李蘭影、1916-1965)は戦後渡米しラスベガスで活躍したが晩年は不遇でアル中で49歳で亡くなった。韓国歌謡で定番曲は、アン・ジョンエ(安貞愛)の「大田ブルース」(1959)、イ・ソンエ(李成愛)の「カスマブゲ」(1977)など。イ・ソンヒ(李仙姫)の「J」(1984)は門倉有希がカバーして日本でもよく知られる。

Leeny2_2

Pcp_download

Sep29150

   朝鮮戦争が終わったあとの1955年「タンジャンのミアリ峠」イ・へヨン(李海燕)が流行した。日本語訳詞では「断腸のミアリ峠」。「連れて行かれたあなた、ミアリ峠は涙の峠、恨み多い峠」ミアリ峠はソウル北東部にあり、朝鮮戦争の激戦地だった。

« 東京の名付け親はコレラで死んだ(明治事物起源) | トップページ | 徳川家康と佃煮 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

トロットは韓国の演歌・・。

日本の演歌のルーツは韓国のトロットだと言われてますが、桂銀淑など私も演歌の中で特に好きなのは、その歌い方ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京の名付け親はコレラで死んだ(明治事物起源) | トップページ | 徳川家康と佃煮 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30