無料ブログはココログ

« 実篤の色紙に添えられた言葉 | トップページ | サルのシャーロット命名騒動 »

2015年5月12日 (火)

エチケットの語源

Img6b355c42zikazj    ベルサイユ宮殿にトイレがなかったことは有名な話。王侯貴族たちは、それぞれ専用の便壷をもっていて、便意をもよおしたときは、それを利用した。客人たちは、香をたいた携帯用の便器を持参したといわれる。だが、その汚物は従者が庭に捨てていたようである。だからベルサイユ宮殿は汚物まみれで悪臭を放っていたのは本当の話である。(画像はプチ・トリアノン宮殿のマリー・アントワネットのトイレ)

Etiquetteamericaine   「エチケット」をフランス語の辞典で引くと、「商品・荷物などにつける札、貼札」とある。せっかく手入れされた庭が便所と化し、庭師が立ち入り禁止の札(エチケット)を立て、それに従うよう促した。ここからエチケットは、宮廷来客の行動を指示する通用札の意味となり、やがて宮廷儀礼、一般社会の作法、という意味になった。( etiquette )

« 実篤の色紙に添えられた言葉 | トップページ | サルのシャーロット命名騒動 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実篤の色紙に添えられた言葉 | トップページ | サルのシャーロット命名騒動 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31