無料ブログはココログ

« 霊柩車を見た日はよいことがある | トップページ | 縄文人は何を食べていたのか? »

2015年4月24日 (金)

郷に還れば即ち是れ書肆なり

Redulivre  ベルギーにルデュという小さな村がある。活性化のため、古本屋を集めて村おこしに成功したという。今では世界中から珍しい本を求めて観光客がやってくるという。画像の本はセギュール夫人の「ふたりのおばかさん」 (Rude,Comtesse de Segur)

Acslesdeuxnigauds

Hans_brinker1
  「銀のスケート靴」 ドッジ夫人

Jackanapes
「ジャカネイブス」(1879年) ジュリアナ・ホレイシア・ユーイング作、ランドルス・コルデコット絵(Jacanapes
とは「いたずらっ子」の意)



 

 

 

« 霊柩車を見た日はよいことがある | トップページ | 縄文人は何を食べていたのか? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 霊柩車を見た日はよいことがある | トップページ | 縄文人は何を食べていたのか? »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31