無料ブログはココログ

« 漢代の節旄(せつぼう) | トップページ | 世界の墓 »

2015年4月27日 (月)

失恋から生まれた哲学

Louandreasthumb600x4959158   フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900)。彼は代表作「ツァラトゥストラはかく語りき」でキリスト教を激しく攻撃し、超人と永劫回帰の思想を中心に独自の形而上学を樹立した。

   1881年、37歳のニーチェは7月からスイスのシルス・マリアの別荘で過ごしていた。8月のある日、シルヴァプラナ湖畔の森の中を散歩中に、山道のそばの巨大な尖った三角岩のほとりで、永劫回帰の思想が突然かれに来襲するという体験をした。

   1882年4月、ニーチェは、友人の哲学者パウル・レー(1849-1901)の招きでローマへ行った。サンピエトロ寺院の側廊でニーチェは、21歳のロシア人女性ルー・アンドレアス・ザロメ(1861-1937)と出会う。若くて知的で旧弊な道徳に囚われない自由な精神のザロメにニーチェは心を奪われる。ニーチェとレーとザロメの3人は、イタリア北部で楽しいひと夏を過ごす。2人の男性はザロメに求婚するが、すげなく断わられる。失恋をしたニーチェは、1883年2月、ラバロにおいて、10日間で「ツァラトゥストラはかく語りき」の第一部を書き上げた。ニーチェはもう二度と恋をすることはなかった。

Photo
 中央のヌードの女性はザロメではない


Louandreassalompaulreynietzsche

« 漢代の節旄(せつぼう) | トップページ | 世界の墓 »

「哲学・思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漢代の節旄(せつぼう) | トップページ | 世界の墓 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30