無料ブログはココログ

« コロンブスの卵 | トップページ | 更新世の日本の先住民 »

2015年4月 5日 (日)

徒然草の成立年代について

116851493015716555   卜部兼好の「徒然草」の成立時期には数多くの説があり定説はない。諸説の大きな相違は、わずか数年で一気に書き上げたのか、十数年の歳月を費やしたかの見解のちがいがある。「徒然草」は古くは上下の二篇に分かれていて、兼好が37歳の頃、元応元年(1319年)には上篇の一部(37段まで)は成立していたとみられている。完成したのは、兼好が49歳の頃、元弘元年(1331年)9月20日とみられる。遅くとも後醍醐天皇の建武の新政(1333年)までには「徒然草」は完成していた。

« コロンブスの卵 | トップページ | 更新世の日本の先住民 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロンブスの卵 | トップページ | 更新世の日本の先住民 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31