無料ブログはココログ

« 公園のパーゴラ | トップページ | 亜醜銊(あしゅうえつ) »

2015年4月16日 (木)

ホロホロ鳥のロースト

150115pintaderotilegumesdhiver   ホロホロ鳥はアフリカのサハラ砂漠以南に生息するキジ科の鳥である。古代ローマ人はエジプト経由で入手して、ホロホロ鳥をよく食べた。だから今でもヨーロッパ人はワインでホロホロ鳥のローストを食べる。

   「愛染かつら」の主題歌「旅の夜風」の歌詞に「泣いてくれるな ほろほろ鳥よ 月の比叡をひとりゆく」京都から比叡山登山口から夜に津村医師は高石かつ枝のことを想い出しながら淋しく山登りしたのであろうか。夏はとはいえ、アフリカからホロホロ鳥が比叡山の上空を飛ぶというのは本当なのであろうか?鳥の生態に詳しくない私にとって最大の謎である。よく肥えているのであまり飛べないと思う。つまり西条八十のは架空の「ホロホロドリ」で、食用の鳥は「ホロホロチョウ」で全く別の鳥なのであろうか。

【追記】kenさんから有力な情報がありました。西条八十のホロホロ鳥とは山鳥(キジ科)ではないかというのです。私はいまだ見たことのない鳥ですが、行基に「山鳥のほろほろと鳴く声聞けば父かとぞ思ふ母かとぞ思ふ」という有名な歌がありました。古来から山鳥の鳴く声を「ほろほろ」と表現しているので、ほろほろ鳥とは山鳥である可能性は高いですね。

8212
   ホロホロ鳥

Photo_2

   日本の山鳥のオスは尾が長い

« 公園のパーゴラ | トップページ | 亜醜銊(あしゅうえつ) »

料理」カテゴリの記事

コメント

ヤマドリのことではないでしょうか?
『ホロホロ山鳥』という曲を小学生のころ
合唱したことがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公園のパーゴラ | トップページ | 亜醜銊(あしゅうえつ) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30