無料ブログはココログ

« 失恋から生まれた哲学 | トップページ | コンクリートの歴史 »

2015年4月27日 (月)

世界の墓

Arlingtoncemeteryaddress
 アーリントン国立墓地(米国ワシントン)

    国の数だけの風俗・習慣がある。とくに多種多様なのはお墓である。イスラム教はお墓がないといわれる。英語で言う墓地 graveyardは、たいていは教会の中庭に設けられている。おそよ17世紀頃からヨーロッパでは、教会の統制の下に、行なわれるようになってきた。通常、遺体は土葬し、腐ると掘り起こして納骨堂に納められた。しかし、ペストやコレラなど伝染病の蔓延につながり公衆衛生上の問題から、お墓が都市から離れた場所に作られるようになった。19世紀のイギリスでは多くの共同墓地セメタリーcemeteryが建設され、共同墓地は先行した教会墓地と対照的な点が多い。 

3919732407_a2d5be656d_z 1204251
 イギリス・ウェールズの墓           沖縄の墓

« 失恋から生まれた哲学 | トップページ | コンクリートの歴史 »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 失恋から生まれた哲学 | トップページ | コンクリートの歴史 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30