無料ブログはココログ

« 郷に還れば即ち是れ書肆なり | トップページ | インキュナブラの意味は? »

2015年4月24日 (金)

縄文人は何を食べていたのか?

   縄文時代には、本格的な米作りは、まだ始まっていなかった。縄文人には食用の家畜を育てる習慣が少なく、主に狩猟で得た、木の実や果実、野草などの植物を採ったり、シカ、イノシシ、クマ、キツネ、サル、ウサギ、タヌキ、ムササビ、カモシカ、クジラの肉を食していた。また川で魚や貝を獲って食べていた。

特にドングリやクリ、クルミ、トチの実などは大切な食料であった。

Photo04_01
 群馬県の今井見切塚遺跡出土の炭化ドングリ


« 郷に還れば即ち是れ書肆なり | トップページ | インキュナブラの意味は? »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 郷に還れば即ち是れ書肆なり | トップページ | インキュナブラの意味は? »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31