無料ブログはココログ

« ゴシック建築と大聖堂 | トップページ | 古城めぐり  »

2015年4月 2日 (木)

俗事に拘るなかれ

Img_0009   小学生の時に兄からこんな話を聞いた。兄は「今日、音楽の時間に仰げば尊し、という歌を習った。二番の歌詞に、身をたて名をあげやよはげめよ、というのがででくる。しかし音楽の先生は名をあげなくていいといった」といたく感動して話す。ケペルもまだ幼いながらも、名利を求めない生き方も素晴らしい、と感心した覚えがある。 だが、最近は社会でも学校でも、やたら賞やら金メダル、地位や名誉、名声を賞賛する風潮がある。ノーベル賞や国民栄誉賞などといってもこの世だけのものであろう。大金を貯めたところで、死後遺族たちの骨肉の争いの種となるだけである。財産、社会的地位、名声、権勢などがなんになろう。このことは誰しもわかっていながら、いつのまにやら人生の目的が名声や地位、蓄財となってしまうのは何故だろう。とくに名声というのは学問や芸術を阻害する要因になるのではないだろうか。村上華岳(1888-1939)に「名声について」という一編がある。

 

   予に名声といふものは一つもいらない。名声といふものをむしろ唾棄する。むしろそれは我々の勉強の上に精進の上に害のある事が多くなる。時間がなくなる。ものが欲しくなる。勉強にとって、無駄なエネルギーを消磨する。名声を駆逐しようと思へば思ふ程、煩悩の深きを知る。一日として安静の心持はないのだ。故に予は名声といふものに、絶えざる注意をする。自分が虚名を求むるのではないか。人を頼んでをるのではないか。何かうまいことを、世にしようとするのではないかを、自己の心中の内に探索し警戒するのだ。(大正13年)(『画論』所収)

« ゴシック建築と大聖堂 | トップページ | 古城めぐり  »

「人生訓」カテゴリの記事

コメント

友が皆 我より偉く見える(見ゆる)日は 花を買いきて妻と親しむ、というの好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴシック建築と大聖堂 | トップページ | 古城めぐり  »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31