無料ブログはココログ

« いろいろな「魚貝」の名前、英語では? | トップページ | ハイカラ(明治事物起源) »

2015年4月 6日 (月)

高杉晋作は「髙杉」

Img_0005  NHK大河ドラマ「花燃ゆ」。視聴率がふるわないらしい。伊勢谷友介、東出昌大、高良健吾などイケメン揃いなのに。華奢で都会的なので髷が似合わない感じ。ドラマで使われる図書「海防憶測」の文字が明朝体のフォントであることが視聴者からクレーム。幕末の頃は手書きのほうが無難だろう。

    字体といえば髙杉晋作の字も気になる。東京国立博物館の法隆寺献物帳(756年)の「高麗」の字形をみると「髙」、いわゆる「はしごだか」が使用されている。大体において近世まで「髙」の字が一般に使用されていたと見るべきであろう。幕末の志士、高杉晋作の直筆の署名が残っている。やはり「髙杉晋作」と書かれている。

20091111160805806

Img_0008   では何故、「髙」から「高」へ移行したのであろうか。おそらく中国から木版印刷の典籍を儒学者が学ぶにあたって、できるだけ字形をそのままに筆写するため、従来の手書きによる「髙」を改め、「高」をそのまま書写するようになった。伊藤鳳山の「晏子春秋」(1861年)には「高」の墨筆がみられる(左画像)。

Sumi0071801_2

20150221004459_2
 ドラマで使われた明朝体の「海防憶測」





« いろいろな「魚貝」の名前、英語では? | トップページ | ハイカラ(明治事物起源) »

漢字」カテゴリの記事

コメント

高杉晋作の<高>は、そうですか?(*≧m≦*)

高杉晋作の<高>は、そうですか?(*≧m≦*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いろいろな「魚貝」の名前、英語では? | トップページ | ハイカラ(明治事物起源) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30