無料ブログはココログ

« 「金のなる木」の正式名称 | トップページ | 読めない漢字、何と読むの? »

2015年4月19日 (日)

くちなしと映画「旅情」

Picture_113 クチナシはアカネ科の多年生常緑低木で高さは2メートル前後になる。何んともいえぬ芳香があり、6月から7月にかけて、白い花を開く。東洋の名花として知られ、日本の「花暦」でも7月の花に選ばれている。クチナシは「梔子」が一般的であるが、別名「山梔」(さんし)、「山黄枝」(さんおうし)、「林蘭」(りんらん)などと呼ばれている。英語で「ガルディーニャ(gardenia)」。

 花言葉は、「清潔」「純潔」「閑雅」を表わし、歌謡曲「くちなしの花」は今でもカラオケなどで人気のある曲である。映画「旅情」(デヴィッド・リーン監督)では、ラストのサンタ・ルチア駅での別れのシーンでクチナシが効果的に使われている。クチナシは口無しを意味し、実が熟すると普通の草木は口が開いて種がこぼれるが、このクチナシの実は口が開かないので、クチナシという言葉ができたともいわれる。

« 「金のなる木」の正式名称 | トップページ | 読めない漢字、何と読むの? »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「金のなる木」の正式名称 | トップページ | 読めない漢字、何と読むの? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31